旧指定成分に御用心

旧指定成分に御用心

敏感肌の人はシャンプーを選ぶ際、ぜひ成分表示を念入りに確かめてください。

 

成分表示を確認してから使うことで、頭皮トラブルの防止になります。現在、シャンプーに含まれる全成分を表示することが法律で義務付けられています。しかし、以前はアレルギーや皮膚障害、ガンの危険がある成分のみ表示が義務付けられ、「指定成分」と呼ばれていました。全成分表示が義務付けられた2001年以降、それらの成分は「旧指定成分」と呼ばれます。

 

成分が全部表示されるようになったのは良い変化ですが、どの成分が特に避けるべきか分かりづらくなった面もあります。一部ご紹介すると、安息香酸(Na)・エデト酸・カンタリスチンキ(マメハンミョウエキス)・サリチル酸・パラベン・ラウリル硫酸(ナトリウム・トリエタノールアミンなど)がシャンプーに使われる旧指定成分です。敏感肌の人は要注意です。特にパラベンは防腐剤として、ラウリル硫酸系の化合物は合成界面活性剤として幅広く使われています。頭皮の痒みなどを感じたら、使っているシャンプーの成分表示をチェックしましょう。「旧指定成分無添加」のシャンプーなら刺激が少ないでしょう。もちろん旧指定成分以外の成分でも頭皮トラブルは起こります。1つ1つの成分を確かめてください。